2017年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
あなたで,

人目のお友だちです。

Count per Day

  • 13今日の閲覧数:
  • 34昨日の閲覧数:
  • 189先週の閲覧数:
  • 1現在オンライン中の人数:

夏の風物詩

幼稚園敷地や周りには木々がたくさんあります。

外に出ると一日中セミの鳴き声が聞こえます。蝉しぐれは夏の風物詩とも言えます。

アブラゼミとミンミンゼミがしきりに鳴いていて、時々、ツクツクボウシが鳴いています。

預かりの子どもたち、セミを探したりつかまえたりすることが好きです。

鳴き声が聞こえるサクラの木に近づくとセミがにげていきました。

セミの抜け殻を発見しました。

ミンミンゼミを捕まえました。アブラゼミも捕まえたので大きさ比べをしました。

「ミンミンゼミの方が大きい」と子どもたちが発見しました。

捕まえたセミは帰りには逃がしてあげました。

セミをつかまえたこと大きくなっても忘れないと思います。

 

セミの抜け殻

サクラの木の回りにはセミの出た穴がたくさんありました。

アブラゼミです

ミンミンゼミです

 

セミで有名な俳句、松尾芭蕉が東北の山寺で詠んだ「閑さや岩にしみ入る蝉の声(しずかさや いわにしみいる せみのこえ)」のセミはニイニイゼミとのことです。

[…]