2019年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
あなたで,

人目のお友だちです。

Count per Day

  • 9今日の閲覧数:
  • 9昨日の閲覧数:
  • 149先週の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

おやつは『ホットケーキ』です。

 

1月生まれの子ども達の誕生祝いをしました。誕生会祝いの3人の係の友だちが進行をしました。

「これから1月生まれのお友だちの誕生会をします」「拍手でお迎えください」「名前を教えてください」「何歳になりましたか」「何色が好きですか」等を質問したりしてスムーズに誕生会は進みました。自分達で考えた出し物なぞなぞもしました。分かりやすく問題を説明してくれたので自信たっぷりに答えることができました。

おやつは自分達で作るホットケーキです。ホットプレートに『ルー』を入れること,焼けてきたら裏返しにすること,トッピングをすること,それぞれの過程を経験しました。緊張したり喜んだり楽しそうです。

ホットプレートからはみ出さないように真剣です。

裏返しです。息を止めてエイと返しました。「一回でできたよ」と「よっしゃ!」「やったー」と,声と共にポーズも出ています。

美味しそうにトッピングができました。「いただきまーす」みんな良い笑顔です。

[…]

きょうちゃんの水が凍ってる!

ウサギのきょうちゃんが飲む水が,今朝は凍っていました。子どもたちがそれに気づきました。「きょうちゃんの水が凍ってるよ!」「凍ってたら,きょうちゃん、お水飲めないよ」「どうしよう」4歳にじ組さんが考えます。「取り替えてあげよう」「新しい水にしてあげよう」水を取り替えることになりました。にじ組の男の子が,器を持って水道の所までそっと進みます。氷を流して器にきれいな水を入れます。こぼれないようにゆっくりゆっくり歩いてきょうちゃんのもとに届けます。いっしょにいた女の子が「初めてのウサギ当番だね」と一言。ウサギの世話は,いつも年長そら組さんが当番でやってくれているからです。遠くで見ていたそら組さんが心配して駆け付けてくれましたが,にじさんが頑張っている様子を見て,近くで見守ってくれました。そら組さんが卒園する日も近づいています。ウサギ当番の仕事をにじさんに引き継ぐ日が,もうすぐ来ることでしょう。

今日も氷や霜を見つけて遊ぶ子ども達。水やりのペットボトルの中の水も凍っていました。色を付けて置いておいた氷が凍っている様子を見て,色々な形の容器に色水を作り始めました。今日はそらさんにじさんの女の子達が一緒に取り組んでいます。作った色水は,植木鉢の隣に置くことになりました。明日の朝,色水はどうなっているかな。

[…]

たかおに

今日も晴天です。登園後,いつものように園庭に出て,全身を使って遊ぶ子ども達の姿が見られます。

昨日から続いている『たかおに』は,そら組の中に,にじ組の子ども達も仲間入りしています。「いれて」「いいよ」のやりとりが聞こえます。誰が鬼か分からない様子のにじ組さんに「聞いてみるといいよ」と教えてあげるそら組さん。「今,誰が鬼?」「「〇〇くんだよ」「わーっ!逃げろ!」遊びの中で,言葉を通して伝え合う経験もしています。にじ組さんはまだルールの中で分からないところがある子もいます。「わたしが手を繋いであげる」年長さんが優しく手を繋いで一緒に走ってくれたり,声を掛けたりしてくれます。集団の中で育ち合う子ども達です。

風が吹いて寒さを感じるとこんな光景も。「あったかいね」そら組の女の子たちでした。

[…]

今日のはじまり

登園すると先生や友だちと「おはようございます」と挨拶をします。所持品の始末が終わったら「今日の温度はどうかな」「わーっ!2度だよ」「一番寒い日かな」などと,テラスに出て体で寒さを感じながら「霜はどうかな」「氷の厚さは?」と気になります。いくら寒くても体を動かすのが大好きな子ども達は「鬼ごっこしよう」「サッカーもやりたいな」と園庭を元気に駆けまわります。『子どもは風の子』ですね。

お別れ遠足はにじ組とそら組で4人グループを作り行動を共にすることになりました。行きのバスの中・水族館の案内・買い物や帰りのバスの中での過ごし方などを話し合いをすることになりました。今日は,お別れ遠足当日水族館で,自分達がにじ組さんに自信を持って説明したい生き物を決めることになり図鑑や水族館のパンフレットを見ながら話し合いをしていました。チンアナゴや足の長いカニやサメ,ペンギンなどが人気があるようです。

にじ組さんは先週鬼のお面を作ったので,今日は豆をいれるかわいい鬼の顔の『ます』作りをしました。

 

 

 

[…]

かき氷屋さん

にじ組さんが「氷ができるかな」と,お花の形のカップに入れておいた水が凍って,きれいな氷になりました。丸い氷もできました。「きれいだね!」容器の形によっていろいろな氷ができる楽しさを感じています。そして,作った氷を使ってかき氷屋さんごっこが始まりました。それを見つけたそら組の女の子達も仲間に入り,かき氷屋さんは盛況です。

 

そら組の子ども達は,毎朝日課のように登園後すぐに園庭に出て『霜』や『氷』を観察しています。今日も寒かったので色々な形の霜を観察することができました。見つける場所によって形が違うことにも気づきました。「大発見!パンダの背中に白いものがたくさんあるよ」「これは雪じゃない?」「雪降ったかなあ?」と新たな疑問も出てきました。トンボ池の氷も厚く張っています。「こんな形になってるよ」「道みたいだね」と氷にできたでこぼこの形を見つけたり,「氷の下の白いのは空気だよ」「こうやって氷を揺らすと白い形も変わるね」と思ったことを伝え合ったりしながら,冬の自然の不思議さに触れ,考える体験を重ねています。

そしてそら組さんはお別れ遠足の話し合いを進めています。行き先と日時は昨日までにみんなで話し合って決まりました。今日はグループ決めの後『アクアワールドに到着したら何を見てどう進むか』を考えました。大きな館内図をみんなで見ながら順路やどこにどんな生き物がいるか確認しました。「マンボウのマークがあるよ」「ここがイルカショーの場所」「外にはフンボルトペンギンがいる」「カピバラ温泉もあるんだよ」「ドクターフィッシュの水槽だね」昨年,年長さんに連れて行ってもらった時のことを思い出しながら考えました。

 

[…]