2018年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
あなたで,

人目のお友だちです。

Count per Day

  • 20今日の閲覧数:
  • 23昨日の閲覧数:
  • 189先週の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

給食センター訪問

 

・施設を見学したり,給食センターの方の話を聞いたりする事で給食の仕組みを知り,感謝の気持ちを持つ。

・公共のマナーを守って見学する。

この「ねらいで」給食センター訪問をしてきました。給食センター長さんが子ども達の到着を待っていてくれました。『よろしくお願いします』と挨拶をして2階の部屋へ案内してくださいました。二人の栄養士さんが話をしてくれました。

給食を作っている様子を見学してます。

今日の献立は,ごはん・牛乳・納豆・つくばどりのみそカツ・ごもくきんぴら・けんやさいのみそしるです。まるごと茨城デーです。ごはんは潮来産こしひかりあやめちゃん・茨城県産の野菜がたっぷりの献立です。大きな釜に入っている野菜を、大きなしゃもじでかき混ぜているのをみて『あれきんぴらだよね』

ねぎを機械に入れると小さくなって出てきました。気付いたようです。『あの機械は野菜を切るんだ』栄養士さんが『次は小松菜を切るよ』と教えてくれました。すかさず年長組さんは『育てたことあるよ』『すごいね』などと栄養士さんとも会話が弾んでいました。

栄養士さんが「給食ができるまで」をはなしてくれました。①野菜が届く(例えば家庭で使うもやし1袋だった場合は300~400袋使うそうです)②野菜は3回洗う③切る。包丁では間に合わないので機械で切る④煮る(大きい釜5個)まぜる(サラダなどは混ぜる)⑤配る(おたまや量りで重さや量を調べて容器に入れる)

子ども達は調理の順番が理解できたようです。

大きなしゃもじとおたまを持たせてもらいました。調理員さんのようにまぜるイメージを思い浮かべて動かしてみました。

質問の時間です。今回は初めて給食センターに来たにじ組さんからの質問です。「何人分くらいの給食をつくってますか」幼・小・中学校12校で2,300人分を作っていることを教えてもらいました。「何人の人たちで作っていますか」「献立を考える人給食を運ぶ人など調理してくれる人などを合わせて24人の人たちが,力を合わせて作ってくれているそうです」その他いろいろな質問がでましたが,どの質問にも子どもたちに分かるように話してくれました。

「ありがとうございました」とお礼のプレゼントを渡しました。

プレゼントの内容は,給食で好きなメニュー。給食で食べられるようになったもの。とお礼の言葉です。好きなメニューの一番はカレーでした。食べられるようになったピーマン・アップルパン・ブロッコリー・納豆などたくさんあります。センターの方へのお礼の言葉は,完食できるようになりました。おいしいです。いつもありがとう。などと感謝の気持ちでした。

 

 

 

 

[…]