2018年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
あなたで,

人目のお友だちです。

Count per Day

  • 7今日の閲覧数:
  • 3昨日の閲覧数:
  • 94先週の閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

教頭先生講話・懇談会・奉仕作業

「幼児教育と学校教育の円滑な接続のために」のテーマに沿って,教頭先生が話してくださいました。幼児期の教育は生涯にわたる人格形成の基礎を培う重要なもので,幼児期は知識を教えられて身につけていく時期ではなく遊びながら学んでいく時期で,幼児はいろいろな遊びをとおしてさらにたくさんのことを学び,身につけていきます。遊びを通して総合的に学んだことが、小学校では各教科に細分化して学んでいて,幼稚園も小学校もねらいは同じです。幼稚園の充実した教育の大切さを話してくれました。

にじ組さんそら組さん各部屋に分かれて懇談会です。

そら組さんは,まるくなりみんなの顔を見ながら幼稚園の思い出を一人一人が話しました。子ども達は、友だちと一緒に遊んだことが楽しかったようです。お母さん達は,苦手だったことができるようになり嬉しいと話してくれました。

幼稚園では,やったことがないジャンケンゲームをしました。提案してくれたのはお母さんだったので,ルールを教えてもらいながら全員で楽しみました。鬼役になった人が『勝ってください』または『負けてください』と言ってからグーかチョキかパーを出します。鬼になった人の言う通りに出せたら勝ちとなり楽しみました。

にじ組さんは,練習している卒園式の様子を見てもらいました。椅子から立って「はい」と返事したり「きみとぼくのラララ」の歌や「おくることば」を聞いてもらいました。その後は,お母さん達に答えてもらいました。もうすぐ年長さんになる子ども達に「成長を感じるところ」をはなしてもらいました。そら組さんのお母さん達と同じ気持ちでした。「好き嫌いがなくなったこと」「手伝いをしてくれること」「文字に興味を持ってくれたこと」などでした。

奉仕作業は「ペンキ塗り」の予定でしたが雨降りのため室内の作業になりました。

扇風機や椅子の埃を取ってもらったり,絵本の分類をお願いしました。扇風機を洗ってから埃がつかないように袋をかぶせてくれました。可愛くリボンもつけてくれました。全部の絵本を分類して目印のテープを張ってもらいました。季節ごとに本箱の出し入れがしやすくなりました。ありがとうございました。

[…]