日の出中学校

〒311-2423 
茨城県潮来市日の出3-9-18
電話:0299-66-5852
FAX:0299-66-5853
Mail:hinode-jh@itako.ed.jp

新チーム始動(バスケ部)

7月6日に総体を終え、3年生が引退してから…約10日間のOFFを挟んで本日(17日)よりバスケ部が始動しました。

朝練では、まず…20分のランニング。久々に走ると体も重そうでした。走り終わるとすぐにボールを使ったメニューに切り替えです。ボール感が、なくなっているのか衝撃の吸収や中心をとらえる動きにぎこちなさを感じました。

午後練は、30分のランニング。比較的遅いペースでしたが…。15分をすぎたあたりから、遅れて離される人が出始めました。最終的には先頭から4分離される状態でした。

DSC_1477  DSC_1474

新チームが掲げる目標は、『総体でのベスト8』です。今日の走りや練習を見ている限りは、その目標と比べても話になりません。自分に甘い。

 

① 疲れた表情を見せて喜ぶのは相手チームだけ。

苦しい時に、苦しい顔は誰でもできる。それなら、どんなに苦しくても笑っていられる強さ…あるいは、どんなに苦しくても一切表情を変えないポーカーフェイスを身に付けろ。

② 疲れた時から、練習は始まる。

元気な時は、誰でもヤル気がある。頑張れる。でも、疲れてくるとどうでしょう。ミスが続いたり、頑張れなくなったり…するはず。疲れた時こそ。ふんばれるか。

③ 一番と二番の違いに気づけ。

何でもそうです。一番初めにやったことは、良くも悪くも評価される!でも、二番目にしたことは、一番目と比較されるだけ。自分で考え、動いた結果である『一番』に二番は…その時点で負けている。

④ 疲れた時に本当の自分がでてくる。

辛いメニューが続くと、脚が動かなくなってくる。動きが鈍くなってくる。そんな時に、逃げ方を覚えてしまった人は…『気持ち悪い』『脚が痛い』と不調を訴えます。それで、休めるかもしれないけど。弱い自分には、いつまでも勝てない。そして、仲間の信頼を失っていく。

新チームがスタートしましたが…まだまだ課題ばかりです。強いチームになるために…意識をかえなければ『ベスト8』は見えてこない。

練習試合(女子ソフトテニス部)

この三連休は千葉市の花園中学校に行き、練習試合を行ったり、県に向けた練習会を行ったりしました。

25454E17-3D13-4E53-AA89-CB999416C58C

県大会まであと1週間。コースを限定したレシーブ練習やゲームカウント2-2からの展開の仕方など調整を行いました。

県大会で自分の力を出せるように、あと1週間、技術面、そして精神面をしっかり調整していきます。

練習試合 バレーボール部

20180715_104936

20180715_100731

20180715_095355

20180715_091130

20180715_091126

20180715_091002

20180715_090915

20180715_090753
15日(日)は、潮来一中を会場にして、半日練習試合をしました。
スタメン全員が2年生の潮来一中に相手をしてもらったことで、今日もいい経験が積めました。
2日連続で練習試合をしたことで、ローテーションやフォーメーションを理解してきた選手が増えてきました。
ブロックワンチ、レシーブ、トス、スパイクまでつながる場面も見られ、少しずつバレーボールらしくなってきました。
しかし、昨日に引き続き、プレー中の声かけが徹底できません。ボールをとる人が声を出す。名前やポジションを呼んでパスをする。これだけのことですが、なかなかできません。
まだ余裕がないとはいえ、声を出してプレーすることを徹底していきます。

まだまだ試合にはなりませんが、着実に成長しています。

バレーボール部新チーム最初の練習試合

20180714_143955

20180714_135455

20180714_135426

20180714_135255

20180714_102527

20180714_094424
14日(土)は、牛堀中を会場にして、牛堀、潮来二、日の出で一日練習試合をしました。
まだローテーションも理解しきれません。サーブを打ったあと、ボールが相手コートに返ったあとにどう動けばいいのかも理解しきれません。
今日のテーマは、
オーバーでとれるボールはオーバーでとる。
ボールをとる人は必ず「はい!」と声をかける。

これだけですが、なかなかできません。
練習したことを自分からチャレンジしようとする選手。言われたことだけやる選手。
やろうとするけどできない選手。
何をしていいかまったくわからない選手。
いろいろな選手がいました。
20180714_115251

20180714_115055
2年生が1年生に動き方についてアドバイスをする姿が多く見られました。
自分達の力で課題を解決しようとすることは大切なことです。
今日感じた課題をこれからの練習に生かしていけるかどうかです。

バレーボール部新チームスタート

20180713_073307

20180713_073301

20180713_072604

20180713_071140
バレーボール部は新チームがスタートしました。
2年生2人、1年生7人の9人の新チームです。
平均身長が低く、パワーもスピードも未熟な9人ですが、声をだし、やる気がある9人です。
まだアップに付いてこられない選手もいます。
レシーブの基本フォームを固める練習をしただけで足がプルプル震えてしまう選手もいます。
これからは基本を徹底的に練習していきます。
安定したサーブ、正しい位置で捕らえるオーバーパス、正しいフォームで低い位置で捕らえるアンダーレシーブ。
まずは、この3つを徹底していきます。

明日は、早速他校で練習試合をします。ローテーションもフォーメーションもまだ2回しか練習していません。試合を成立させることも難しいと思います。しかし、何事もまずは、やってみること。
明日は、一人一人がたくさんの課題を見付けることを期待しています。

野球部、新体制で強くなるためには!

IMG_20180710_165502

新体制になって、始めての放課後練習は、ミーティングの時間となりました。どのような気持ちで、そして具体的にどのように練習をしていけば強くなれるのか、話し合う時間となりました。

サッカー部 県東地区総体第3位

20180707_152935

 サッカー部は、県東地区総体で第三位になり、県大会への進出が決まりました。

 どの試合も厳しい試合でしたが、たくさんの応援をうけ、生徒たちは、最後まで走りきりました。

 これからは、県東地区の代表としての責任と誇りをもって、目標に向けて頑張っていきたいです。

 応援よろしくお願いします。

練習試合(女子ソフトテニス部)

県東地区総体が終わり、休んでいる暇はありません。

県大会に向けて、東洋大牛久高校と合同練習、練習試合を行いました。

6C06F787-5106-49B1-8000-336E9B10A01B

合同練習では、高校生とマンツーマンでボレー&ボレーや乱打をしたり、高校生にアドバイスをもらいながら前衛後衛練習を行いました。

練習試合では、合同練習の成果を生かして、ミスしても積極的に出るということを意識して取り組みました。

もらったアドバイスを生かして、今後の練習に取り組んでいきます。

県東地区総体(女子ソフトテニス部)

本日でソフトテニス部の県東地区総体が終了しました。

団体戦では、自分たちのテニスができなくなってしまい、頭が真っ白になってしまい、最後まで切り替えることができませんでした。自分たちが納得するテニスをふるために、もっともっと日頃の練習や練習試合で一本にこだわってやっていきます。

この悔しさをバネに臨んだ個人戦。
緊張感のある中で決めるところはしっかり決め、ミスをしたら切り替えて次、、、というのが団体戦のときよりもできていたと思います。

結果は団体戦は3位。
個人戦は
草野・瀧口ペア1位
熊髙・副島ペア4位
髙橋・池田ペア5位
でした。

納得のいくプレーができたペアばかりではなかったので、県大会までの間にどれだけ伸ばしていけるか。1日も無駄にせず、みんなで頑張っていきます。
8D25AC0A-B98A-4570-87D5-FE02924C559D

548023D9-8C81-42E3-9648-68656BE99EAD

B23FC052-2039-47CF-947A-3761E362D905

県東地区総合体育大会 2日目(バスケ部)

県東地区総合体育大会は6日で、2日目を迎えました。今日より決勝トーナメント、1回戦目は大野中です。これも、また運命なのか…新人戦の時と全く同じ組み合わせでの対戦。そして、同じコート、ベンチまで一緒です。開始早々、相手チームに連続得点を許し、堅い動きのままファールも重ねる状態…。ゲームの入り方に問題があることをつくづく感じました。『勝ってやる!』というより『負けたらどうしよう』の気持ちが強かったのでしょう。

前半は、30点近くの差をつけられました。ベンチでの表情も暗く。何をどうすべきか分からないままゲームが進んでしまっている状態です。タイムアウトやハーフタイムでは、『今のチームの弱いところ…そして、このまま何もせずに負けるのか?』など、厳しい言葉を伝えました。夢を見るような言葉をかけても、目が覚めないからです。

『今すぐ勝とうとするな。少しずつ点差をつめて我慢をすればチャンスがやってくる』

そうベンチで声をかけ続けました。ディフェンスで守るポイントがわかった事、そして…リバウンドが1回でとれたことで、一気に流れがやってきました。2Q終了時にあった30点差は、3Q終了時には15点差になりました。4Q…ディフェンスでひたすらボールを追いかけ、ファール覚悟でスティールを狙ったことでブレイクもでるようになり、やっと4点差までつめました。追い上げムードの最中…相手チームにも冷静な選手が残っていました…ここで、手痛い3ポイント。やっと見えてきた勝機でしたが…手の内からこぼれ落ちていってしまいました。

 

DSC_1391  DSC_1404

5人でスタートした現チーム。

中学校からバスケを始めた選手2名。

ミニバス経験者3名。

交代要員0名。

バスケの技術にも、体力にも、そして…何より意識にも大きな差があるチームでした。

勝ちたいと口では言うものの…意識にも行動にも、現れない7月。

駅伝の練習に参加するだけで、メニューに全くついてこれない。そして、『感謝』の気持ちや気遣いがないことでバスケをする資格がないと怒られた8月。

練習試合をしても、ゲームにならず…できる人だけでプレイすることで精一杯の9月。

新人戦で何もできず、歴代の先輩たちの力の凄さを今更ながら感じた10月。

自分たちの力のなさを改めて知ったことで。必死にやらなければいけない…。少しだけ目の色が変わり始めた11月~12月。

1月~3月には、ひたすら繰り返していた練習を少しずつレベルアップさせ、1on1にいくシチュエーションや2on2と3on3をどこで作るかなど…考えることができるようになってきました。

新入生を部に迎え、7人体制になった日の出中。総体までには、練習試合を1週に1回ほど取り入れ。4Qまで諦めずにゲームプランを組むことを練習してきました。

ハーフゲームには、弱いものの。フルゲームであれば、競るゲームまでもってくる!それが日の出中のバスケです!点差を離されても、諦めずに食らいつく。総体では、そんなゲームが連日続きました。もう少しだけ、一緒にやれたなら…もっとチームが変わるのかなー…っと思ってしまいました。毎年、5人しかいない日の出中ですが。入部した時からずーっと5人のチーム…文句も言わず、ケガもなく。よく戦い抜いてくれました。本当にありがとう。

3年生お疲れ様でした!

DSC_1358  DSC_1305