日の出中学校

〒311-2423 
茨城県潮来市日の出3-9-18
電話:0299-66-5852
FAX:0299-66-5853
Mail:hinode-jh@itako.ed.jp

新チーム 始動(バスケ部)

バスケ部は総体から長い休み期間(約2週間)にはいっていました。その期間を経て…7月10日から新チームがやっと始動しました。

新チーム始めのミーティングでは、チームの目標の確認と共に…1年間部活として活動していくための約束事を確認しました。

① 練習には全員参加

常に誰かが、何かの理由で休む。すぐにケガをして見学をするなど…。バスケはチームスポーツです。全員で毎日練習をすることが当たり前の環境をつくりましょう。

② やるべきことを最優先

バスケは頑張ります。でも、宿題はやっていません。それでは、意味がない。学生の本分は学業です。

③ 本気でぶつかり合う人間関係を築く

目標のために苦しい練習も乗り越える!と言っても、手を抜いたり、なんとなく練習をしたりする人はでてくる。それを、良しとしない!お互いに正面で、面と向かって注意できる人。その注意をきちんと受け止めることができる人になること。

他にもたくさんありますが、それらの約束事を守って1年間…全力で活動していきます。これからの練習は、3年生がいた頃の練習とは異なり、基礎的・基本的な練習ばかりになります。

確かな下地(基礎)を築き上げることて、ゆっくりでも安定した成長ができるようになります。

全ては、1年後の総体のために!

DSC_1744  DSC_1746

DSCPDC_0000_BURST20190713102840382  DSCPDC_0003_BURST20190713102825383_COVER

県東地区総合体育大会 2日目(バスケ部)

今日は、県東地区総合体育大会の2日目が神栖防災アリーナで開催されました。悪天候が予想されていたため、第一試合が1時間遅れて開始しました。

決勝トーナメント1回戦は、潮来一中との対戦でした。ゲームの前半は、緊張のためかリズムが悪く、良い攻めをしてもシュートが入りませんでした。我慢の時間帯が長く続きましたが、気持ちを切らずにゲームに望むことで本来のリズムをつかんだ印象でした。

2回戦は、第1シードの高松中との対戦です。新チームとなって初めての対戦では、ハーフゲームで60点以上の差をつけて負けたチームです。その当時の日の出中は、相手に圧倒され…1on1にもいけない。シュートも打てない…そんな状態でした。それが、この試合では全く別のチームになってくれました。強気な1on1を中心に、リバウンドを支配し、常に速攻を狙うバスケをやり続けました。何度も突き放されそうな場面がありましたが…その度に粘り強く我慢ができました。

全員の勝ちたい!という思いが1つになったゲーム。残り37秒までリードをしていながら…最終的には3点差で破れてしまいました。

日の出 63 – 66 高松

特別な練習なんかしていません。ゲームで見えた課題を分解しながら、日々の練習を一生懸命やってきただけです。

小さい一歩をコツコツやり続けた結果が、このゲームに現れました。

DSC_1700  DSCPDC_0001_BURST20190624151809954_COVER

力がないなら、身につければ良い。

一人一人に弱点があるなら、補い合えば良い。

できることは全てだしきりました。悔いのないゲームといったら、嘘になりますが…今までで内容が一番良いゲームでした。3年生、今までありがとう!

保護者の皆様、また会場で応援してくださった観客の皆様。5人しかいなかった日の出中も1年生が入部し、総体は10人体制となりました。日の出中の保護者は、約10人しかいないはずですが…当日の試合会場では、それ以上の方がゲームを観戦し、歓声を上げてくれました。

こんなに多くの人にゲームを見てもらえている。応援してもらえている。という、実感が最後まで諦めない日の出中を支えてくれました。本当にありがとうございました!

キャプテンの掲げた応援されるチーム…最後に一番近づけたのかもしれません。

県東地区総合体育大会 1日目(バスケ)

総体1日目は、鉾田総合運動公園の体育館で北浦中、神栖三中とのリーグ戦を戦ってきました。途中からケガ人が発生したため、急遽1年生が出場する場面がきました。時間帯によっては、3年生が1人、2年生が2人、1年生が1人というメンバーで試合をすることもありました。

1561635060286  1561635049086

1561635015114  1561635018818

line_484197918825185  line_484216343860751

相手チームの3年生たちが必死でプレイをする中、日の出は試合を通してコートに立ち続けた3年生はたった1人だけ。

総体は3年生の大会です。しかし、今日の日の出は1年生と2年生によって勝たせてもらったようなものです。

それぞれのチームの3年生たち…その3年生たちの総体にかける気持ちが勝ったチームが勝ち上がると私は信じています。

技術も大切かもしれませんが、中学生の大会は技術よりもハートの部分がとても大きいと思います。

リーグ戦を1位で勝ち上がるということは、他のチームの3年生がその分引退をしていくということです。

選手たちは、その意味をしっかり理解してコートに立つべきだと思いました。

県東地区総合体育大会 激励会(バスケ部)

月曜日には、総体の激励会が行われました。激励会ではキャプテンから、総体の会場や対戦チームの報告…そして、試合に対する意気込みが語られました。2年3ヶ月の集大成!どんな結果になったとしても、今までの努力や辛い練習を乗り越えてきた自信を失うことはないでしょう!

DSC_1693  DSC_1687

2年3ヶ月…共にチームと過ごして感じたことは、選手たちの人間性やチームカラーが良い意味で変わってきたということ。

決して仲良しの集団ではありません。しかし、2年3ヶ月を共にすることで…それぞれが何かしら良い部分をもっていることに気付くことができました。バスケ部では、お互いに足りないものがみんなにあって、それを補いあって生活してきました。

決して恵まれた環境ではありませんでしたが…誰も簡単には休まない…そんな部活になりました。

集大成の総体は、27日にスタートです。最後まで日の出中バスケ部らしく粘り強く頑張ってほしいと思います。応援よろしくお願いします。

総体に向けて(バスケ部)

21日(金)は,県東地区総合体育大会2日目の会場になる神栖防災アリーナに移動をして練習をしました。初めて入る体育館と圧倒的な雰囲気に生徒たちも驚いていました。フロアがまったく滑らないため,今までとは勝手が違います。しかし…2時間ほどで徐々に慣れてきたようでした。1日目を勝ち上がらなければ,防災アリーナで試合はできないため…まずは1日目を勝ち上がることを目標に頑張りましょう。

DSC01316  DSC01323

DSC01345  DSC01363

 

22日(土)、筑西市の明野中学校での練習試合に参加してきました。群馬県のチームや他地区のチームと対戦することで、普段以上に体の接触が多いゲームをすることができました。これが、総体前最後の練習試合になります。

DSC01385  DSC01389

DSC01397  DSC01429

武者修行の旅(バスケ部)

総体を6月下旬に控えているバスケ部は、毎週他地区や他県のチームとの練習試合をしています。県東地区とは違うチームと対戦することで、圧倒的なスピードや技術に驚くことが多いですが…そこになんとか対応しようと努力する姿が見られました。

自分たちのリズムをつかむために、どうすれば良いのか。どんな状況をつくって攻防するのか。

それぞれが動きのイメージをもってゲームにはいるのと、漠然とゲームにはいるのとでは…ゲームの質が異なります。

先週、今週の練習試合で体感した様々な差を忘れずに、総体までの残りの練習を意味のあるものにしていかなければいけません。

DSC_1596  DSC_1595

普段の練習も、ゲームと同じように緊張感をもって取り組めています。良い意味でピリピリとした練習環境を保って、総体まで頑張っていきたいと思います。

保護者の皆様。毎週、他地区までの練習試合の送迎のご協力ありがとうございます。また、遠方まで応援にきていただいていることで、生徒のモチベーションも上がると思います。今後も、ご協力お願いします!

部活動紹介&休日練習

5月25日の体育祭では、部活動紹介がありました。総体に向けての思いを、キャプテンが代表して話をしました。最近は、実行委員などで、全員が集まって練習ができませんでした。振替休日の27日は、久々にゆっくり基礎、基本の練習に時間をかけることができました。

DSC_1577  DSC_1578

体づくりにジャンプメニュー&ストップメニューを行うことで、体の軸のブレや着地後の体勢が乱れるなど…課題も見えてきたはず。できないことを『知る』ことから、できるようにするために『どうするか』が考えられる!

DSC_1587  DSC_1585

メニューをこなしていく中で、ジッと後輩の動きを見ていた先輩が、後輩に駆け寄り動きの意味を教える姿が見られました。

先輩が後輩のできてないことを指摘することは当たり前なんでしょうか?後輩が指導してもらえるのは当たり前なんでしょうか?

先輩にとっては、自分の事だけを考えてやっていた方が楽だ。それをわざわざ自分が終わった後に動きを観察して、できていない部分を見抜いて教えているのに…。

うるさいな…というような態度をしたら、相手はどう思うでしょうか。

教えてもらえるのは、当たり前じゃない。

みんなが当たり前に感じていることは、誰かの『気遣い』と『優しさ』で成り立っていることです。

その小さな『気遣い』にも気づけるアンテナがバスケには必要なんです。

三流の選手は、不平や不満を言う。

二流の選手は、愚痴を吐く。

一流の選手は、感謝を口にする。

バスケの能力ではなく、人としての一流を目指して欲しいと思います。

陸上練習始まる(バスケ部)

5月15日の県東地区陸上練習に向けて、代表選手に選ばれたバスケ部たちは清掃活動免除で練習に取り組んでいます。代表として選ばれていない選手も、帰りの会が終わると同時に中長距離の練習に参加です。

走れる!跳べる!投げられる!人たちが選ばれている中…そこに選ばれなかった人たちが何もせず、楽をしていても一向に差は縮まりません!

中長距離は、誰でも苦しくて辛い嫌なものです。でも、誰かがやらなければいけません!一番走れる女子部活として!頑張ろう!

DSC_1520

連休練習3日目(バスケ部)

昨日は、大洋中にて練習試合を行いました。5人そろってのゲームは、3月の潮来杯以来という事で、体も感覚も鈍っているな…と感じる場面が多かったです。連休3日目となる今日は、午前練習です。

5on5ができないため、DFのいない状態で動きの確認や約束事のパーツ練習に取り組みました。同じ動き、同じポジションでも…誰が、どこに、どんなタイミングで存在するかによって何をどう狙うかが異なる。

そして、何かを身に付けるためには…今ある技術に頼ってしまっていては伸びない。今、自分にない技術は…今まで使ってこなかった技術。今より上のレベルに進むためには、より多くの挑戦が必要になってきます。

技術を『引き出し』と例えるなら…

引き出しが少ないと…引き出すものが少なくて相手に対処されやすい。

引き出しを増やしても強化しないと、1つ1つの引き出しが弱く。結局使えない。

引き出しを増やしながら、その強度を高めていく必要があります。

相手の動きを見て、判断することで…どの引き出しをいつ引き出すのか!それが、駆け引きになります。

DSCPDC_0000_BURST20190429112755358  DSCPDC_0000_BURST20190429112824736

DSCPDC_0002_BURST20190429114139634_COVER  DSC_1469

総体まであと2ヵ月。明日より、1年生も本格的に練習に参加します。つまり、5人での練習は今日で最後になります。それぞれが進級しての初めての写真撮影になりました。

DSCPDC_0003_BURST20190429114637807_COVER

次のステップにホップステップ!ジャンプできるように頑張ります!

合同練習&正式入部

連休初日は、鉾田一高での合同練習に参加してきました。普段の練習ではマンネリしてしまうところですが、合同練習で高校生のスピードやテクニックを肌で体験することができました。様々な技術に触れることで、ゆさぶられてしまう感覚が分かったはずです。

OFでは、無駄なステップや無駄なドリブル…たった1つの動きでDFに捕まってしまう。逆にDFであれば、ファールをしてでも、体を当てながら守ろうとしなければ上手くなりません。

DSC_1460  DSCPDC_0003_BURST20190427100437008_COVER

体幹や脚運びなど、細かい練習ができたことでやってみよう!という意識がある練習ができました。

能力だけでバスケをするのではない。能力がなかったとしても、勝ち上がるために地道な努力が必要だと高校の先生も話していました。

また、26日から1年生の正式入部があり、バスケ部には6名の1年生が入部しました。今日の合同練習は見学という話でしたが、高校の先生のご厚意で5名の1年生が一緒に合同練習に参加しました。高校生や先輩たちと共に『部活』という場の雰囲気を感じられたのではないでしょうか。

話の聞き方、練習中の移動など。指導が必要な場面は多くあります。2年3ヵ月でどこまで変わることができるか楽しみです。

保護者の皆様。朝早くから、送迎と合同練習の見学ありがとうございました。明日は練習試合になります。連日の送迎になってしまいますが、ご協力お願いします。