日の出中学校

〒311-2423 
茨城県潮来市日の出3-9-18
電話:0299-66-5852
FAX:0299-66-5853
Mail:hinode-jh@itako.ed.jp

陸上練習始まる(バスケ部)

5月15日の県東地区陸上練習に向けて、代表選手に選ばれたバスケ部たちは清掃活動免除で練習に取り組んでいます。代表として選ばれていない選手も、帰りの会が終わると同時に中長距離の練習に参加です。

走れる!跳べる!投げられる!人たちが選ばれている中…そこに選ばれなかった人たちが何もせず、楽をしていても一向に差は縮まりません!

中長距離は、誰でも苦しくて辛い嫌なものです。でも、誰かがやらなければいけません!一番走れる女子部活として!頑張ろう!

DSC_1520

連休練習3日目(バスケ部)

昨日は、大洋中にて練習試合を行いました。5人そろってのゲームは、3月の潮来杯以来という事で、体も感覚も鈍っているな…と感じる場面が多かったです。連休3日目となる今日は、午前練習です。

5on5ができないため、DFのいない状態で動きの確認や約束事のパーツ練習に取り組みました。同じ動き、同じポジションでも…誰が、どこに、どんなタイミングで存在するかによって何をどう狙うかが異なる。

そして、何かを身に付けるためには…今ある技術に頼ってしまっていては伸びない。今、自分にない技術は…今まで使ってこなかった技術。今より上のレベルに進むためには、より多くの挑戦が必要になってきます。

技術を『引き出し』と例えるなら…

引き出しが少ないと…引き出すものが少なくて相手に対処されやすい。

引き出しを増やしても強化しないと、1つ1つの引き出しが弱く。結局使えない。

引き出しを増やしながら、その強度を高めていく必要があります。

相手の動きを見て、判断することで…どの引き出しをいつ引き出すのか!それが、駆け引きになります。

DSCPDC_0000_BURST20190429112755358  DSCPDC_0000_BURST20190429112824736

DSCPDC_0002_BURST20190429114139634_COVER  DSC_1469

総体まであと2ヵ月。明日より、1年生も本格的に練習に参加します。つまり、5人での練習は今日で最後になります。それぞれが進級しての初めての写真撮影になりました。

DSCPDC_0003_BURST20190429114637807_COVER

次のステップにホップステップ!ジャンプできるように頑張ります!

合同練習&正式入部

連休初日は、鉾田一高での合同練習に参加してきました。普段の練習ではマンネリしてしまうところですが、合同練習で高校生のスピードやテクニックを肌で体験することができました。様々な技術に触れることで、ゆさぶられてしまう感覚が分かったはずです。

OFでは、無駄なステップや無駄なドリブル…たった1つの動きでDFに捕まってしまう。逆にDFであれば、ファールをしてでも、体を当てながら守ろうとしなければ上手くなりません。

DSC_1460  DSCPDC_0003_BURST20190427100437008_COVER

体幹や脚運びなど、細かい練習ができたことでやってみよう!という意識がある練習ができました。

能力だけでバスケをするのではない。能力がなかったとしても、勝ち上がるために地道な努力が必要だと高校の先生も話していました。

また、26日から1年生の正式入部があり、バスケ部には6名の1年生が入部しました。今日の合同練習は見学という話でしたが、高校の先生のご厚意で5名の1年生が一緒に合同練習に参加しました。高校生や先輩たちと共に『部活』という場の雰囲気を感じられたのではないでしょうか。

話の聞き方、練習中の移動など。指導が必要な場面は多くあります。2年3ヵ月でどこまで変わることができるか楽しみです。

保護者の皆様。朝早くから、送迎と合同練習の見学ありがとうございました。明日は練習試合になります。連日の送迎になってしまいますが、ご協力お願いします。

仮入部期間&休日練習

4月18日~26日は、1年生の仮入部期間です。バスケ部には、現在の部員(5人)以上に仮入部の1年生が体験にきてくれました。仮入部期間は、基本的に楽しい練習をすることが多いですが…。入部した後も、本気でバスケをやっていきたい!と考えてくれる部員を見つけたいバスケ部は…普段通りのメニューを体験してもらいました。

本気で1つのことに一生懸命に打ち込んでみたいと思いませんか!本気になりたい部員!募集中です!

DSC_1421  DSC_1445

DSC_1447  DSC_1448

DSCPDC_0001_BURST20190422120726490  DSC_1446

さて、休日の練習はランメニューとエリア制限の1on1を中心に行いました。シュートを打てる時に迷わず打つ判断。エリアごとの特徴を踏まえて、攻撃のパターンを考えるなど。まだまだ時間はかかりますが…できる修正を加えています。

走るメニューの日

今日は週に1~2回はある…脚をメインに使うメニューの日です。疲れるし、苦しい場面はたくさんあります。でも、終わった後はなんとも言えない達成感があります。「あと少し,頑張ろう」とお互いに声をかけて励ます場面も見られました。言わされた言葉ではなく,本当にでた言葉というのに価値があるのかもしれません。

DSC_1378  DSC_1388

DSC_1395  DSC_1390

オールコートの1on1も、だいぶスピードが上がりました。単純なダッシュの力は、ゲームで使えるレベルになっています。

日の出中バスケ部には,脚の速い選手がいないため…瞬間的なダッシュやミートでズレをつくれるように1on1の技術に磨きをかけています。最後までリングに向かう力がある選手であれば,途中で止まってジャンプシュートに切り替えることでリングを狙うこともできる。

ただ…リングに向かえずに立ち止まる選手は,シュートすら打たせてもらえません。まずは,守られても相手を弾き飛ばしてリングに向かう強さを身につけよう!

春休み練習 最終日

春休み最終日の今日も練習でした。最後の1時間は、シュート練習。3人一組になり、ひたすら連続でシュートをいれました。タイマーを意識することで、自分のシュート力を知るきっかけになったのではないでしょうか。指定された本数を2分30秒以内に1人1人が終わらせるように心がけて取り組むことで、ゲーム中にも迷わずシュートが打てる。

DSCPDC_0002_BURST20190407112248979_COVER  DSCPDC_0003_BURST20190407114005262_COVER

入るか、入らないか…分からない、と思って打つシュートなんて最初から入らない。入れてやる!絶対に入れる!と思えるくらいのシュートをゲームで迷わず狙いましょう!

DSC_1349  DSC_1347

また、今まで以上に部室の整理整頓を徹底させるために棚やラックを購入しました。ユニホームやボアコート、セカンダリーを大切に保管する場所が必要だからです。使わない物や古くなったものは処分し、より美しい環境になりました。美しいプレイは、美しい環境から生まれます。どんな時も、部室は綺麗に整えましょう。

根拠のある判断

春休みの練習も、今日を含めてあと2日間になっています。新学期が始まると…家庭訪問や陸上練習などもあり、バスケに集中できる時間がまとめてとれません。

そのため…動き方の部分よりも、動くための『判断』に焦点をあてて練習をしています。何かミスがあった際には、『なぜ、その判断だった?』『どうすれば、良かった?』などコートの外で見ている選手に尋ねながら練習を進めています。

少し前だと…黙ったままで、何も答えられない選手が多かったですが。今は、ミスをした選手自身が答えたり、複数名が声をあげて判断の根拠を踏まえて答えたりするようになりました。

DSC_1324  DSC_1325

DSC_1334  DSC_1337

DSC_1342  DSC_1339

DFに関しても、引いて抜かれないDFではなく…勝つために仕掛けるDFを意識して取り組んでいます。仕掛けて守ることで、ギャップも増えますが…そのギャップを埋めに行く練習にもなります。勝ちたい瞬間に、引くのではなく…攻めに行くDFを覚えるため…ひたすら攻めるDFを練習中です。

個とチーム

春休み中は、卒業生が練習に顔を出してくれているため、普段の1on1,2on2に加えて3on3を行うことができています。最初の頃は、練習を見ていても1on1をメインに攻めてばかりでしたが…少しずつスペースをつくったり、相手の弱点を見つけたりして攻めることを意識できるようになってきました。作戦をたてたり、相手に対する対策を考えて、共有することでコート内での会話も生まれてくる。

周りを活かす力が磨かれると、自ずと自分の1on1の力が生きてきます!1on1しかないとゲームでは怖くない。チームで対応されてしまえば個は勝てないからだ。しかし…チームに頼りきってもダメ。もちろん、個で戦っていてもダメ。

チームと個を上手く共存させてゲームを組み立てる力が必要です。

DSC_1315  DSC_1311

DSCPDC_0003_BURST20190403103645009_COVER  DSCPDC_0003_BURST20190403102841876_COVER

会話をすることで

3月最後の練習です!昨日も、お休みだったバスケ部…ケガをしないように最初はがむしゃらに体を動かすことがメインの練習。少し疲れてきた頃に、頭を使う判断練習を行いました。

難しい判断ではなく、DFの位置とDFがズレるタイミングを見極めるために必要な動き…そこから攻めるパターンを判断です。

DSC_1287  DSC_1299

DSC_1293  DSC_1290

1on1 から、2on2を行うことで…2on2の中で1on1にいけるタイミング!1on1にいけるチャンスメイクの練習になります。チームを固定して、会話をする時間を増やすことで修正しながらゲームに取り組めるようにトレーニングをしようとしています。

ある一定のレベル以上になるためには、会話が必要になってきます。ゲーム中にベンチの監督にできることは、限られたことだけ。コートに立つ選手たちが自分たちでできることが大切です。

潮来杯

3月16,17日の2日間の日程で潮来杯が開催されました!3チームでのリーグ戦を戦い、リーグごとに1~3位を決定後。2日目の今日は、順位決定のトーナメント戦です。

1日目に1点差で2位になってしまったため、今日は2位トーナメントでの戦いです。

1回戦目は、大野中。ガツガツと体を当てながらドライブしたり、リバウンドで飛び込んだりできる良さのあるチームとの対戦でした。相手の持ち味を抑えるDF、相手のDFを上手く動かしてスペースに飛び込むOFをつくりだすことで粘り強くゲーム展開をすることができました。

日の出 46 vs 45 大野

2位トーナメントの決勝は、神栖二中との対戦。神栖杯で対戦して以来の再戦です。平均身長は、低いものの。フットワークの良いDFを武器にするチームです。相手のDFにはまって苦しみ…最大11点まで開いた点差ですが…。地道にコツコツやるべきことをすることで残り1分には追い付くことができました。相手のファールで、フリースローを14本もらっていますが…入れたのは8本。そういったシュートを確実に入れなかったことが3点差での敗戦に繋がってしまいました。

日の出 30 vs 33 神栖二

怪我人がいたため、様々な制限を加えてプレイした潮来杯。4人だけで攻めなければいけない状況でも、なんとかフリーを見つけたり、強気に攻めたりすることで得点をとることができました。

5人での合わせの動きは、練習試合や大会でしか実践できません。16,17日の2日間でフリーの作り方。ボールをレシーブするタイミングに合わせた動きなど…今までとは違ったセットオフェンスができました。

部分的な動きは、練習してきましたが…全てがリンクした合わせの練習はやったことがありませんでした。しかし、ゲーム中に作戦板で初めて作った動きでしたが、上手くコート内で表現できました。

普段からDFの動きを見て、練習している成果がこういった所で現れるんだな…と実感したはず。

少しずつ少しずつ…チーム全体のボトムアップを図っています!