日の出中学校

〒311-2423 
茨城県潮来市日の出3-9-18
電話:0299-66-5852
FAX:0299-66-5853
Mail:hinode-jh@itako.ed.jp

練習時間を確保するために!2年A組

20180920_153217 20180920_153048 20180920_153032
合唱に向けて、2年A組男子のエンジンがかかってきました。掃除を素早く丁寧に終わらせて、少しでも早く合唱練習を始めようとしています!
この気持ちが大切なんです!
時間の使い方を工夫し、練習時間を確保する。これができるようになれば、一段階ステップアップです。
20180920_132032

合唱コンクールに向けて 2年B組

合唱コンクールに向けて本格的に練習が始まりました。朝・昼・放課後と生徒たちは時間を見つけてよく練習しています。パートごとに話し合う姿もよく見られます。みんなでよくコミュニケーションをとり,目標に向かって練習を頑張りましょう!

無題の画像1無題の画像2無題の画像3

どうせやるなら

新人戦前ですが、この時期のバスケ部は駅伝部化します。バスケットボールは走る力が、直接的な武器になるからです。逆に、走れないことは致命的な弱点になり得るスポーツでもあります。走る才能がある訳ではない…強くなるためのトレーニングに負けそうになる自分に抵抗できる者だけが伸びてくる!

やらずに『強くなれない』と嘆くな。

諦めた時点で『強くなる』選択肢を捨てている。

苦しいことから逃げるな。抵抗しろ。

2018091921291000  2018091921341800

 

保健体育(3年生&1年生)

3年生の器械運動です。振り返りの学習カードに集中して書き込んでいます。『自分の技能に合った演技構成を考えよう』というめあてに沿って、自分の取り組みを振り返っています。

1年生のバスケットボールでは、ペアで声を掛け合ってパス練習に取り組んでいます。チェストパスだけではなく、ハンドリングも兼ねてのパス練習です。

2018091919135400  2018091919134600

体育館の出入り時には、大きな声で『お願いします!』『ありがとうございました!』など、挨拶をする姿が見られました。今後も続けて欲しい素晴らしい習慣です。

合唱練習2-A

20180919_120921 20180919_120910 20180919_115904 20180919_115859
合唱練習が本格的にスタートしました。
歌詞と音程をだいたい理解している女子、歌詞と音程を理解しようと努力する男子。
生徒の力でどこまで合唱を高めていけるか、楽しみです。

思いの強さ

真面目にコツコツ…これに勝るものはありません。1年生の体育では、20mシャトルランという全身持久力を測定するテストを行いました。5月に測定をして、夏休みを乗り越えた結果…どれだけ力がついたのか確認する場です。ある部員は、120回まで走りきることができました。5月に測定した際は、89回だった力が…120回を走りきるまでに成長していました。

驚くことに、学年で最も走れる人になっています。夏休み中も、駅伝練習+部活動を必死にやり続けた成果が少しずつ結果になっています。バスケ部は、女子部活の中で辛いスポーツの1つです。そのスポーツの中で活躍するには、それなりに体力がなければ戦えない。

強くなりたい!

その思いを忘れずに、苦しい事と戦い続ける精神力…この経験がゲームでも、必ず生きてくる!やらされる練習に意味はない。

『こうなりたい!』その思いを実現させるために、練習する人でありたいですね。

 

2018091820361400  2018091820351400

合唱練習スタート

本日より、昼休み、放課後の合唱練習がスタートしました!各学級、学年ともに本格的に練習が行われ、歌声が学校に響いています。今年は、1週間文化祭が早まった関係上…練習期間が今までより1週間短くなっています。それでも、良い合唱を作り上げようと練習にも力がはいります。

2018091819420900  2018091819420400

駅伝+合同練習

普段の姿勢を見て、その人への信頼が決まります。練習への取り組みがいい加減だったり、ふとした発言が周りへの配慮に欠けるものであったり…そうすると信頼はどんどんなくなっていきます。小さなミスを早めに正しい処置でケアすれば軽傷。小さなミスでもいい加減なケアでは重傷になり得る。

信頼がなくなった時に、最初にすること…それは、厳しい指導をしないことです。真剣にこちらがぶつかっても…その情熱を受け止めるだけの心のエネルギーもなければ、覚悟もない…。厳しい指導の真意が伝わらないなら、もう厳しい口調で指導なんてしません。怒るだけ無駄です。どうせ本当に伝えたいことは伝わらないからです。

そうであれば、他の情熱のある人を信頼して全力で指導した方が響く!信頼は、築くのに長い時間がかかります。でも、失うのは…一瞬。たった一度のミス。たった1つの嘘だったりします。

自分ではバレていないと思っているような事も、本当は周りは気づいていても言わないだけかもしれない。そんな事にすら気づいていないとしたら…周りとの温度差は広がっていくよね。

自分の行動を今一度振りかえってみてください。ミスをした後に『ごめんなさい』と謝れていますか?きちんと筋を通すことをしなければ、周りの人の心は離れていきます。自分に直さなければいけないことがあるはず。

2018091616270300  2018091616271700

2018091616272300  2018091616273600

潮来市科学研究・発明工夫展

昨日から2日間,牛堀公民館で市の科学研究作品展と発明工夫展が開催されています。日の出中では,科学研究作品2点が金賞,発明工夫は1点が金賞,もう1点が銀賞となりました。酷暑の中,部活や勉強に加えて取り組んだ立派な成果です。4時半までなので,お時間のある方はぜひ観に来てください。尚,金賞をとった3点は10月6日(土),7日(日)にレイクエコーで開催される鹿行地区展に出品されます。ぜひ,こちらもご観覧ください。

WIN_20180916_14_07_30_ProWIN_20180916_13_47_19_Pro

行方地区シード決め大会 バレーボール部

20180915_094301
20180915_102546
15日(土)は、麻生体育館を会場にして、行方地区シード決め大会が行われました。
この大会で3位に入らないと、22日に日の出中で行われる県東地区シード決め大会に出場できません。
1回戦の潮来一中戦。公式戦で初めてセットを取ることができましたが、フルセットで敗れました。

いつも生徒に話していることですが、練習していることをやったうえでの失敗、やろうとしての失敗なら、また練習すればいい。成長する可能性がある失敗。

しかし、今年のチームの課題は、顧問や先輩に教えられたことをやろうとしない、もしくは、自分ではやろうとしているのかもしれないが、やろうとしているように見えない人が多いということです。

新チームがスタートして2ヶ月。この2ヶ月で指導している内容はほとんど変わりません。たしかに、この2ヶ月でサーブはネットをこえるようになりました。たしかに、以前よりボールは繋がるようになりました。
しかし、正しい位置でボールミートができなければ、それ以上強いサーブは打てません。
腕を振ったり、後傾していたり、顎があがっていたり、膝が伸びていたり、へっぴり腰になっていたり、足が開いていなかったり、おへそ、レシーブ面がセッターに向いていなかったり、高い位置でボールをとらえたりしているレシーブでは、真正面のボールはたまたまとれたとしても、動いてレシーブしたり、強打と軟打を正確に次の選手に繋いだりすることはできません。つまり、次のレベルに進むことができません。成長する可能性がない失敗を繰り返しています。

今まで、まったく相手にならなかったチームから公式戦でセットを取ったことは、今までの努力の成果です。新チームがスタートして一番うれしい出来事です。
しかし、まだまだ努力のレベルを上げていかないと、新人戦、その先の総体で、目標を達成することはできません。
成長速度は一人一人違う。運動能力も一人一人違う。
でも、最後まで絶対に諦めない!選手とともに頑張っていきます!